英語圏でもチップが文化かどうかで生活習慣が異なる

海外でも英語圏に行く時に、どこでも良いわけではないです。1つポイントになるのが、チップが文化になってる英語圏かどうかです。

英語圏でもアメリカやカナダやイギリスなどはチップが必要です。チップの習慣には日本人が慣れてないですから、人によっては面倒だと感じる人もいるはずです。レストランなどウェイターやウェイトレスがいるお店は、確実にチップが必要ですし、ホテルでも自分の部屋を清掃してくれたり、呼び出した時のスタッフにチップを渡します。

チップの相場などもありますから、把握しておく必要があります。慣れれば良いのでしょうが、常にチップを渡せるように小銭を準備しておくのは、慣れるまで時間がかかります。

その点、オーストラリアやニュージーランドなどの英語圏では、基本的にチップの文化がほとんどないです。気持ち程度でチップを渡すことはあっても絶対的ではないですから、チップの文化に慣れてない人にとっては気が楽です。

チップは気持ちだけでなく、チップも賃金の1つとして計算して働いてる従業員が多いですから、チップの渡し方を間違えると、対応を雑にされてしまいます。その点を注意して、海外へ行くことをオススメします。

PR|飽きっぽいあなたでも継続できる英会話習得法|

Posted in 旅行英会話

コメントは受け付けていません。